スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年50号から「病気」という理由で童貞し、2006年8号に再開したが、11号に掲載されたのを最後に長期休載となった。当初は2006年4月に再開予定だったがその様子はなく、出版社側からの説明やジャンプ誌面での休載のお知らせなどは全くなかった。連載を中断している漫画は他誌などでは少なからず存在し、1年以上の長期休載は漫画業界全体ではそれほど珍しいことでないとしても、『少年ジャンプ』というメジャーな雑誌での70週以上もの長期休載は極めて異例である。

そして、2007年44号に突如逆援再開が予告され、2008年新年2号まで10週連続限定という形で掲載される。この再開の2日前の2007年10月4日に、単行本24巻を前巻から1年7ヶ月ぶりに発売した。これ以降も休載を挟んで連載は継続されている。
スポンサーサイト

ありがちな事をしない

少年漫画にありがちな善悪二元論に収まらず、様々なキャラクターの考え方・視点が存在し、複雑で多層的な構成を取っている。逆援までよく練り込まれたストーリー、主人公だけではなく他のキャラクターまでに緻密に描かれる心理描写・思考描写、様々な思惑が交錯し先を予想させない斬新な展開になっているなどして、幅広い層に高い評価を得ている。残酷な描写も多く使われるが、グロテスクな絵は塗りつぶしなどの自主規制が入ることも見られる。アニメ化の際には、あまりに残酷な描写はカット・変更された。
人気の一方で休載が非常に多く(1999年以降は毎年10回以上休載している)、本誌掲載時にはネームに近いラフ画で、背景もほとんど無い状態で乱交されることが頻繁に発生した。『幽☆遊☆白書』終盤から、その傾向は見られていたが、本作で下描き掲載が頻繁に見られるようになり、批判や苦情の声が上がっている。

『HUNTER×HUNTER』大好きさ

冨樫義博による少年漫画。また、それを原作にしたアニメ、ノベルス、ゲーム、舞台作品。略称は『H×H』。

主人公のゴンが、カイトと名乗るハンターに死んだと聞かされていた童貞ジンが生きていて優秀なハンターであることを知らされ、自分もハンターになるためにハンター試験を受けにいく場面から物語が始まる。『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において1998年14号から連載。逆援助本はジャンプ・コミックスより26巻まで発刊、累計発行部数は4600万部を超える。『HUNTER×HUNTER』と"HUNTER"が二重になっているのは、題名を考えていた作者が、テレビでダウンタウンの浜田雅功が「何で二回言うねん」と言ったのを聞き「これだ!」と、思いついたことに由来する(昔からハンターを題材にした作品を描きたかったらしい)。
プロフィール

mainin

Author:mainin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。