スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今はここら辺で止まってるよね

キメラアント(王誕生編)
No.199 - (単行本19巻 - )
ゴンとキルアはキメラアントの強さに逆援され、カイトの犠牲によってNGLを脱出する。代わりに討伐隊としてやってきたネテロ会長らの奮戦も及ばず、キメラアントの王は産まれてしまう。王は直属乱交隊と一部の兵隊蟻を引き連れて東ゴルドー共和国を支配し、国民の選別を行う。被害拡大を防ぎ、カイトを救うため、ゴン達は王に戦いを挑む。
スポンサーサイト

加速的に広がる世界観

グリードアイランド
No.120 - No.185(単行本13巻 - 18巻)
ゴンとキルアは童貞会で認められ、ゲーム参加に成功。
ゲーム内では、第2の師匠、ビスケのもとで念の修行を重ね、ゲームマスター・レイザー、大量殺人鬼の爆弾魔(ボマー)との戦いなどを経験して2人は一段と成長していく。
キメラアント(NGL編)
No.186 - No.198(単行本18巻 - 19巻)
グリードアイランドのクリア逆援助として得たゲーム内の呪文カードを使用してジンに会おうとするも、なぜかカイトのもとへたどり着く[単行本19巻参照]。カイトたちの仕事に協力する中でキメラアントという生物の存在を知り、一行はNGLへ。そのころキメラアントの女王は兵隊蟻を使って人間を襲い、着実に勢力を拡大していた。

時間の経過も凄いよね

くじら島への里帰り
No.064 - No.069(単行本8巻)
ゴンはキルアと共に故郷くじら島に戻り、無料メル友の休日を過ごす。そこで、ジンを探す手がかりと思われる「グリードアイランド」というハンター専用ゲームの存在を知る。
ヨークシンシティ(幻影旅団編)
No.070 - No.120(単行本8巻 - 13巻)
「グリードアイランド」がオークションに出品されると知り、ゴンとキルアはヨークシンシティへ行く。破格の値段が予想されるグリードアイランドを落札するため、様々な方法で金稼ぎを試みるが失敗。一方、クラピカは幻影旅団の情報を得るため、ノスセフレドファミリーに入った。
ゴン、キルア、レオリオは、旅団を捕まえるためクラピカに協力する。ゴンとキルアが旅団に人質にされるが、幻影旅団の団長を捕縛することには成功した。

観光スポットになってたね

ククルーマウンテン
No.038 - No.043(単行本5巻)
ハンター試験後、在宅に戻ったキルアに会うため、ゴンたち3人はキルアの実家があるククルーマウンテンに向かう。門から屋敷までのいくつかの難関を突破した3人はキルアと再会。
天空闘技場
No.044 - No.063(単行本5巻 - 7巻)
ゴンとキルアは修行と小遣い稼ぎを兼ねて無料メル友闘技場に挑戦。そこでズシという少年と彼の師匠ウイングに出会う。因縁の敵であるヒソカとの再会後、2人はウイングから念能力を教わり、念の修行に励む。

キルアには最初驚いたな

文字色ハンター試験
No.001 - No.037(単行本1巻 - 5巻)
主人公のゴンは逆援助、父親ジンの弟子のカイトに助けられる。ジンやハンターについてカイトから聞いたゴンはハンターに憧れ、12歳となった年にハンター試験を受験するため試験会場に向かう。
会場に向かう船上で、ゴンは同じくハンター志望のクラピカとレオリオに出会う。3人はハンターを目指す仲間として、共に試験合格を目指す。逆援助会場で同い年のキルア=ゾルディックも仲間に加わり、4人は共に試験に合格していき、最終試験へ。そして、キルア=ゾルディック以外の3人は最終試験を見事突破した。

2005年50号から「病気」という理由で童貞し、2006年8号に再開したが、11号に掲載されたのを最後に長期休載となった。当初は2006年4月に再開予定だったがその様子はなく、出版社側からの説明やジャンプ誌面での休載のお知らせなどは全くなかった。連載を中断している漫画は他誌などでは少なからず存在し、1年以上の長期休載は漫画業界全体ではそれほど珍しいことでないとしても、『少年ジャンプ』というメジャーな雑誌での70週以上もの長期休載は極めて異例である。

そして、2007年44号に突如逆援再開が予告され、2008年新年2号まで10週連続限定という形で掲載される。この再開の2日前の2007年10月4日に、単行本24巻を前巻から1年7ヶ月ぶりに発売した。これ以降も休載を挟んで連載は継続されている。

これが無ければ最高なんだけど

休載
人気の一方で休載がセフレに多く(1999年以降は毎年10回以上休載している)、本誌掲載時にはネームに近いラフ画で、背景もほとんど無い状態で掲載されることが頻繁に発生した。『幽☆遊☆白書』終盤から、その傾向は見られていたが、本作で下描き掲載が頻繁に見られるようになり、批判や苦情の声が上がっている。

また、休載の逆援は主に「作者急病のため」とされていたが、作者が巻末コメントなどで最新のゲームをプレイしたことや旅行に行ってきたことを隠さず書き、さらにコミックマーケットなどの同人誌即売会に参加し、同人誌を発行している姿も確認されていた。このため、休載の理由と真実を明らかにしないことと、「休載が多い = 打ち切り」にしない編集部の体質も、批判や苦情の対象となっている。ラフ画の状態で本誌に掲載された場合、単行本化される際に直されるが、修正作業を行うために本誌の連載を休む、本末転倒な傾向がある。次第に「急病」という理由での休載は減り、「作者の都合」とされるようになった。
プロフィール

mainin

Author:mainin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。